RTM

Resin Transfar Molding
型は表面と裏面が必要です。
表面(製品の)あるいは両面にゲルコート塗布し、ガラス繊維を配置して型を閉じ、そこに樹脂を注入する成形法です。

裏面の型だけを薄くし、樹脂注入時に型内減圧し樹脂充填をアシストするRTMをLightRTMやVARIとも言います。

型:
HLU、SLUと同様一般的には型もFRP製です。
まれに木型や樹脂ブロック製の型を使う場合もありますが、耐用が悪いため量産には不向きです。
通常マスター型から反転した成形型を使用します。

・マスター型
 一般的に3DCADデータを基にマスターモデルを機械加工します。
 マスター型の材料は、マスター型の保存期間や、形状・要求精度などで選定されます。
 □木材(現在は殆ど使われません)
 □樹脂ブロック(樹脂によって硬さや加工性、耐用が異なります)

・成形型
 マスター型を離型処理し、ゲルコートを吹き付けた後FRPを積層して成形します。
 RTM製法は、樹脂に圧力をかけて注入します。そのため型にはその注入圧に負けないような補強が必要になります。
 HLUやSLU成形同様、生産中にヒートサイクルと成形品の収縮応力も負担します。
 ゲルコートと積層樹脂にはビニルエステル樹脂やエポキシ樹脂を使用します。


材料:

・繊維
 ガラス、ナイロン、ビニロン、ケブラー、カーボンなど

・樹脂
 ポリエステル、ビニルエステル、フェノール、エポキシなど

・その他
 ゲルコート、添加剤、硬化剤など

特徴:

・生産性
 積層工程は、ガラスチャージと樹脂注入になりますが、ゲルコート、加工、仕上げ工程は手作業です。
 そのため生産できる数量がHLUやSLUに比べて飛躍的に増えるわけではありません。

・表裏平滑性
 HLUやSLU成形法は型が片側のみであるのに対し、RTM製法は表裏共に型です。
 このため、成形物の表裏も平滑性が付与されます。
 裏面の平滑性は裏面の型の転写ですから、製造番号などの製造履歴や形状、金具等2次加工の工程前倒しが可能です。

・イニシャルコスト
 HLUやSLUに比較した場合、成形型が表裏になるため高くなります。


©jon72/2017