ハンドレイアップ成形

FRP(繊維強化プラスティック)では最も古く基本的な成形法

型:
一般的には型もFRP製です。
まれに木型や樹脂ブロックの型を使う場合がありますが、耐用が悪いため量産には向きません。
マスター型から反転した成形型を使用します。

・マスター型
 一般的に3DCADデータを基にマスターモデルを機械加工します。
 マスター型の材料は、マスター型の保存期間や、形状・要求精度などで選定されます。
 □木材(現在は殆ど使われません)
 □樹脂ブロック(樹脂によって硬さや加工性、耐用が異なります)

・成形型
 マスター型を離型処理し、ゲルコートを吹き付けた後FRPを積層して成形します。
 製品生産中にヒートサイクルと成形品の収縮応力がかかるため、補強して耐用を上げる必要があります。
 ゲルコートと積層樹脂にはビニルエステル樹脂やエポキシ樹脂を使用します。


材料:

・繊維
 ガラス、ナイロン、ビニロン、ケブラー、カーボンなど

・樹脂
 ポリエステル、ビニルエステル、フェノール、エポキシなど

・その他
 ゲルコート、添加剤、硬化剤、補強材など

特徴:

・生産性
 ゲルコート、積層、加工、仕上げまで殆どの工程が手作業です。
 そのため生産できる数量には限界があり、大量生産には向いていません。

・イニシャルコスト
 他の成形法に比べ、型の費用が最も低く、少量生産品でイニシャルを抑える事が出来ます。


©jon72/2017